読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家の子育てLAB

世界で一番大切な我が子への育児に悔を残さない為のblogです

.responsive-unit{ max-width: 400px; margin-left: auto; margin-right: auto;}

出産の瞬間

入院生活

出産の瞬間。それは突然でした。

前日に、母子がトイレに行きたいと頻繁に言うようになり、戻ってくると出なかったとションボリ顔。
ネットを見てみるとトイレ系痛みの陣痛はよくあるようで一応感覚を記録しておこうという話に。
時間は、まちまちで30分だったり15分だったり。それ以前に、あまり痛くなさそうで。これは違うだろという結論になりその日は就寝。したのは、父男だけで母子はちょいちょい痛みで起きていた模様。
 
翌日、10時半に検診を予約している日だったのでその結果次第かなといいつつ会社へ。11時に母子から着信があり、入院した、とのこと。
えっ!?入院?
どうやら子宮口が開き始めていたようで、予定日を過ぎていたこともあり、ずいぶん成長していたので、促進剤を投入することになったのです。
で、いつ生まれるの?
昼はないけど夕方までには。
へー…ってはや!
 
昼に仕事を終え、急いで病院に向かうことに。
病院に着いたのが、14時すぎ。
出産準備室に行くと中からすごい声が。
いたい〜!
中では母子が悶えています。
助産師さんがお尻を押さえていてすでに、戦場になっていました。
余裕こきすぎましたね。
 
持ってきた必要書類と服などを病院へ渡すと、お尻押し係に任命されました。
これからお父さんになる皆さん!コツを伝授しましょう!それは割れ目に躊躇なく手を突っ込むことです。完全に開くまでは出してはいけないので出ないようにしないといけないのです。
 
場所が違う!もっと強く!と罵倒されながら必死に対応します。
そしてデリケートな処置の時は外に出されます。
あ、これがみんなが言ってた
男は無力というやつですね。
 
そして、15時過ぎの確認でだいぶ開いていたのでついに出産体制に!
 
ここからは一気に行きました。
陣痛のタイミングに合わせて力むこと数回。15時22分破水しました!との声。
まさに戦場です。
そして、スタッフのみなさんが手術着に着替え始めます。
母子は顔を真っ赤にし、力みます。
がんばれ!
がんばれ!
とても辛そうで、早く終わってくれーどれだけ続くんだ?と思っていたら
次でいけるぞ!との声。
えっ?はやくないすか?
そして最後の一踏ん張りで出産。
15時37分でした。
 
大きな産声をあげました。
母子ありがとう!