読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家の子育てLAB

世界で一番大切な我が子への育児に悔を残さない為のblogです

.responsive-unit{ max-width: 400px; margin-left: auto; margin-right: auto;}

脳を作る栄養素

育児 教育

一歳9ヶ月になる娘ですが、最近よく喋ります。

そして、毎日何かができるようになっている気がするくらいの成長ど真ん中。

 

そんないくらでも吸収している時期だからこそ、脳を育てる環境を整えてあげないといけませんよね。

 

脳を作る栄養素といえば、DHAことドコサヘキサエン酸です。

小学生時代これを飲み始めてから偏差値がぐっとあがった個人的な思いでもあり、信仰しています笑。

 

赤ちゃんが、最初にDHAに触れるのは、母乳です。そして、粉ミルクにもDHA配合の文字をよく見ますよね。

しかし、離乳食、幼児食が中心になるとどうでしょうか?DHAといえば真っ先に思い浮かぶのがマグロや鯖、イワシといった青魚です。

赤ちゃんに白身魚は食べさせても青魚はなかなかあげづらいですよね。

 

かといって、サプリは飲み込めません。

大人ならサプリで解決なのですが。

アメリカでは、幼児用DHAサプリが売っています。

 

例えばこれ。

Nordic Naturals, Nordic Naturals, ノーディックナチュラルズ, ビタミンD3入り赤ちゃん用DHA、2液量オンス(60 ml)

カプセルは当然飲めませんので、液体方式で食べ物や、飲み物に混ぜ込みます。

しかし、レビューをみると魚から抽出していることもあり生臭いとの感想が。

ご飯を食べなくなったら本末転倒ですので、アプローチを変えることに。

 

DHAは、不飽和脂肪酸のオメガ3に分類されます。普段私たちが摂取しているのはオメガ6や9がメインになります。

オメガ3には、DHAをはじめEPAやαリノレン酸が含まれ、αリノレン酸は、体内でDHAEPAに分解されるのです。

 

そして、αリノレン酸を多く含むものであれば、植物由来にもありますので魚臭くなりません。

 

候補としては、エゴマ油とアマニ油がありましたが、我が家ではエゴマ油を選びました。

だってスーパーに売っていたなかでは、リノレン酸の含有量が1番多かったので。

 

 

えごま油(170g)

えごま油(170g)

 

 

 

朝に小さじ一杯をご飯に混ぜ込んでおります。

娘は全く気が付いていない模様。

 

皆さんも試して見てはいかがですか?