読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家の子育てLAB

世界で一番大切な我が子への育児に悔を残さない為のblogです

.responsive-unit{ max-width: 400px; margin-left: auto; margin-right: auto;}

好中球減少症

入院生活

娘を苦しめる、病気の名前は好中球減少症。

 

人間の体を様々な外的進入者と戦い守ってくれる白血球。白血球にも色々な種類があり、その中の1つが好中球です。

 

好中球の担当は、細菌・カビからの防御。

この好中球が少ないのが好中球減少症です。

 

これが少ないと、細菌・カビへの抵抗力が少ないということですので、細菌性の風邪にかかりやすくなったり長引いたり、怪我をした時に重症化しやすいといったことが懸念されます。

 

どうやってこの病気が見つかったか。

検診の際に、嫁が気になってお医者さんにみてもらうことに。

首筋が腫れているものの、熱は出ていませんでした。通常ですとリンパが腫れたら高熱がつきものです。

念のため、血液検査をするとなにかと闘ってはいる模様です。

状況が一致しないということで、総合病院で精密検査をしてもらいました。

すると、好中球の値がかなり少ないことが発覚し、緊急検査入院に。

 

結局、腫れの原因はわかりませんでしたが、発覚したわけです。

 

ここから母娘の一週間にもわたる入院生活が始まるのでした。