読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家の子育てLAB

世界で一番大切な我が子への育児に悔を残さない為のblogです

.responsive-unit{ max-width: 400px; margin-left: auto; margin-right: auto;}

子供の可愛い姿を残そう!①

突然ですが、カメラ買いました。

赤ちゃんはとっても可愛く、毎日変化していきます。
こんな話を知っていますか?
動物は高等になるほど、先のことを考え、想像するんだそうです。
動物的にはだいぶ上の方にいる犬で、数時間、頂点といってもいい猿ですら数日先を想像するのがやっとだとか。
そんな中、人間は数年、いや数十年先を考えるようになり死に直面し、神に救いを求めたとか。
と、だいぶ脱線しましたが、要するに娘の20年後の結婚式を想像したんです。
結婚式といえばお決まりの、回想シーンありますよね。
最近はスマホもだいぶ進化してますが、それでも本職のカメラと比べたら天と地の差です。
大事な娘の結婚式にiPhoneで撮った写真は出せません。
そして、娘の可愛い時期ですから最高の状態で保存してあげたい。
そんな思いからカメラの購入に踏み切ったのです。

我が家で使用していたカメラはSONYのNEX5Rという機種。一昨年の11月結婚式用に買いました。

SONY ミラーレス一眼 α NEX-5R パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック NEX-5RL/B

SONY ミラーレス一眼 α NEX-5R パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック NEX-5RL/B

とてもいいカメラなんですが、娘のためならと上位機種の購入を決意。

カメラを買う上でのポイントはいくつかあるのですが、今回の注目点は、センサーサイズ、画素、そしてISOです。
まずは、センサーサイズと画素ですが、一昔前のカメラは画素数を競ってあげていましたね。実際デジカメが出たばかりは200万画素とかだった記憶がありますが、今は大体2000万画素くらいありますし、多いものではその倍くらいあったりします。
しかし、画素数のトレンドも落ち着き、今はセンサーサイズなのです。
昔のカメラはフィルムにレンズからの光を集め、化学反応でその場面を切り取っていましたが、デジタルカメラでそのフィルムの役割をするのがセンサーなのです。そしてそのサイズは実はまちまちで、フィルムと同じ35mmのものをフルサイズと呼び、iPhone5sに使われてるものは三分の一サイズと、よんだりします。
名前は三分の一ですが、大きさにして約50倍の差があります。
想像してみてください、カメラのフィルムとその五十分の一サイズのフィルムを。
素数が多いカメラはその小さいフィルムの中に目一杯詰め込んでいる形になります。そうすると、センサー一個あたりに入る光の量が少なくなり綺麗に写りません。
というわけで、画素数が多いだけでなくセンサーサイズの大きいフルサイズカメラを探すことにしたのです。
ちなみに、上で紹介したNEX5RはというとAPSCと呼ばれるサイズでフルサイズの約半分になります。

これで、撮った写真が
f:id:taube:20150212122200j:plain
こちら、
新しいカメラで撮った写真が
f:id:taube:20150212122315j:plain
こちらです。