読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家の子育てLAB

世界で一番大切な我が子への育児に悔を残さない為のblogです

.responsive-unit{ max-width: 400px; margin-left: auto; margin-right: auto;}

ゴールの設定:どんな子に育てたいか

はじめに

いきなり難しいところからスタートしましたが、これが決まらないと子育て方針も決まりません。

 
容姿、性格、学力等々親が期待するものって色々あると思うのですが、親としての責任を考えてみると、なによりも大切なのは子育てが終わった時に一人でも生きていける力をつけてあげることではないでしょうか。
 
就職できる子できない子、はたまた起業する子までいろんな子がいると思うのですが、この違いは何でしょうか
 
一つずつ考えていくことにしましょう。
 
それでは遅ればせながら、我が家の紹介です。
 
父男:
30代前半、東京の学校で工学を専攻し、
リーマンショック直前の好景気で運良く就職できた社会人7年目のサラリーマンです。
転勤族のため現在大阪の賃貸住まいで、昨年の収入は片手より少し多いくらいでした。
母子:
父男より3歳上の姉さん女房、父男が新入社員で配属された部署の先輩で、父男の転勤に伴い一時遠距離のお付き合いとなるが、4年の交際を経てはれて結婚。妊娠発覚と供に父男3回目の転勤を機に子育てに専念してもらうため専業主婦になってもらいましたが結局転勤にならず・・・。
 
いち子:
来週誕生予定の女の子。最初の子なのでいち子と呼んでいます。体は大きくすでに3000グラムを突破、お腹の中で元気に暴れまわるおてんば娘です。